映画『エスケープ・ルーム2:決勝戦』

スポンサーリンク

とある共通点を持った男女がデスゲームに参加させられるパニックホラー作品の続編。

前作で生き残ったゾーイとベンはエスケープ・ルームの仕掛け人であるミノス社に乗り込もうとする決意するところから始まるのですが、
案の定気づくとデスゲームに参加させられる二人。

今回の参加者はどうやらエスケープ・ルーム経験者かつ唯一の生存者たちで、事実上の決勝戦のようです。

「知ってるでしょ、この中の一人しか生き残れないのよ!」なんてパニックになる中で、それでもみんなが協力して全員で脱出しようという前向きな姿勢がいいんですよ、今作は。

さくさく進む謎解きもこちらは頭を使わなくていいし、それでも最後はどんでん返しが待ち受けているからカタルシスは得られるしで、とっても“ちょうどいい”謎解きデスゲーム。

個人的にはインフルエンサーであるブリアナが全力でしゃがれ声で叫ぶシーンが心くすぐられましたね。

前作同様それぞれの部屋の特性が際立ってるし(めっちゃお金かけるやんというツッコミはありつつ)、前作を観た人には驚きのキャスティングもあるからぜひ観てほしい。

デスゲームでも痛々しいシーンがないのは物足りなくもあるけど、万人におすすめできる点でもあるからまぁいいか。

サクッと謎解きデスゲームを観たい人、ぜひ。

アサミヤカオリ

イラストレーター/造形作家/映画コラムニスト/漫画家

1983年生まれ。大阪出身。
2018年より徳島に拠点に移して活動中。

AWAP『映画コラム』/ BRUTUS『赤恥研究所』連載中
B級映画/ラジオ/観葉植物好き。最近は22時就寝5時起きで制作がんばってます。メキシコ行きたい。

アサミヤカオリをフォローする
2019年公開ホラースリラー
スポンサーリンク
アサミヤカオリをフォローする
The Geek Standard

コメント

タイトルとURLをコピーしました