高所恐怖症はチラ見も無理。映画『FALL/フォール』(2022)レビューとイラスト

スポンサーリンク

感想

夫をフリークライミングで亡くしたベッキーは、どん底まで落ちた人生から立ち直ろうと友人のハンターと地上600mのテレビ塔を登ることを計画する。

超高層から降りれなくなった女性二人のサバイバルを描いたシチュエーション・スリラー。

限定的空間で展開するこの手の話では、いかに主人公が最後まで諦めずに生き抜こうとするか、だと思うのですが、今作はちゃんとそこに重点が置かれていた。

ベッキーはフリークライミング中に旦那を亡くしていて、そのトラウマからクライミングどころか普通の生活すらできなくなった。
そんな中で旦那と共通の友人ハンターに半ば強引に誘われてクライミングするも、何度も挫折しそうになる。
果てには地上に帰る術もなくなり、生きる気力をなくしていくが・・・

絶望とも思える展開の中、旦那の口癖だった「生きることを恐れるな」という言葉に奮起したり、
ハンターや父親の存在によってラストに近づくほど力を得てゆく。

最初はヒヨドリのようにか弱かったベッキーが最後にはハゲタカにも負けない存在感で圧倒する、その再起の物語が見事にワンシチュエーションの中で描かれていましたね。
『海底47m』や『フローズン』といったシチュエーションもの大好きですが、
今作はそういった意味では頭ひとつ抜きん出いていたと思います。

そして高所恐怖症でなくても肝っ玉が冷える恐怖演出の数々!

彼女たちが登り詰めたテレビ塔の頂上は手すりもない上に、600mという高さゆえにずっと風が吹きさらしている。

そんな状況で片手で足場にぶら下がったりロープに繋がった人間を引き上げようとするんだから、
もうずっと肝っ玉ヒヤヒヤ。

テレビ塔の頂上を目指す間も、ネジが徐々に緩んだりはしごがぐらぐら揺れたり、今にも崩れ落ちそうな足場の恐怖をいいテンポで挟んでくる。

そんなピンポイントの視点から一気に広大な土地にすくっと聳え立つテレビ塔を捉えた時の俯瞰の視点が、これから彼女たちに迫り来る恐怖を予感させるのです。

実際に山にセットを組んで撮影されたとあって、臨場感は抜群。

SNSでバズりたい一心のおバカな友人やハゲタカと戦うシーンなど、正直B級臭のする設定もありながら、徐々に衰退していく彼女たちや高所でぶら下がるような危険なアクションシーンに一切手抜きがなく、冷や冷やしながらも”安心“して観れる充実の内容でした。

もう一つの目玉は女性陣の巨乳具合ね。

SNS用に胸をはだけたハンターと、後半彼女に変わって谷間をしっかり見せてくれるジェシー。

B級映画には欠かせないお色気もちゃんと違和感なく盛り込んでいる点、やるなーって感じです。

高所恐怖症の人は一切観れないんじゃないかと思うほどの恐怖シーンの連続とお色気、ジェシーとハンターの揺れ動く友情などなど、見どころ満載です。ぜひ。

こちらもおすすめ

ミスしたらスナイプされるピアニストっていうパワーワードの連なり。

アサミヤカオリ

イラストレーター/造形作家/映画コラムニスト/漫画家

1983年生まれ。大阪出身。
2018年より徳島に拠点に移して活動中。

AWAP『映画コラム』/ BRUTUS『赤恥研究所』連載中
B級映画/ラジオ/観葉植物好き。最近は22時就寝5時起きで制作がんばってます。メキシコ行きたい。

アサミヤカオリをフォローする
サバイバル2022年公開B級スリラー
スポンサーリンク
アサミヤカオリをフォローする
The Geek Standard

コメント

タイトルとURLをコピーしました