チキンナゲットがすべての始まり。映画「ゾンビ・スクール!」レビューとイラスト(ネタバレあり)

スポンサーリンク
映画『ゾンビスクール!』予告編


<監督>ジョナサン・マイロット、キャリー・マーニオン

<主演>イライジャ・ウッド、レイン・ウィルソン、アリソン・ピル
    ジャック・マクブレイヤー

<あらすじ>

小説家を目指してニューヨークに出たものの、早々に夢をあきらめたクリントは実家に戻り、母校の小学校で臨時教員として働き始める。しかし、初日から生徒たちになめられ、同僚の教員たちはかつての同級生・ルーシーを除いて変わり者が多く、クリントはなかなか打ち解けられずにいた。そんな中、子供たちの大好きな給食の時間でチキン・ナゲットを食べた1人の女子生徒が、突如ゾンビに変貌する。そのゾンビに襲われた生徒たちも次々とゾンビへ変わり果て、教員や大人たちに襲いかかってきた。難を逃れたクリントたち教員と感染を逃れた2人の生徒はすぐさま学校を閉鎖すると、ボールやシンバル、ホッケースティックなど、校内のありとあらゆるもので完全武装し、キッズゾンビとの戦いに挑む。

 
80点

子供がバンバン殺される!?

こんちゃ!アサミヤです。

 

今日チョイスした「ゾンビスクール!」はバンバン子供(ゾンビ)が殺される異色コメディ。
主演はあのイライジャ・ウッド。

メジャーなイメージだけど、実はB級に積極的に出ている映画オタクな彼。
作品の中でも冴えない感じがビンビン出ています。

 

個人的には内容は「ゾンビランド」にとっても似てるけど、それをさらにB級に落とし込めた印象。
B級感が拭えないのはキャラクターのアクの強さとまとまりのなさ。

団結してるようで実はただ同じ空間に取り残されただけの集まり感があるのよね。

それでも私はウェイドというキャラが好きで、彼が活躍する終盤に萌えちゃったから点数は高め。

あと、ゾンビとは言え子供が殺されていくシーンを快く受け入れられるかどうかで、観る人を選ぶので、要注意。

 

悪ガキが最後とてつもない死に方をするのは見ものです(あくまでもコメディだからね)。

私はぜひ続編作って欲しいなーと思ってます。


こちらもおすすめ↓↓

★ゾンビランドは名作だよね〜。最後の車のシーンは「ゾンビスクール」でもオマージュ感がある。

コメント