音楽映画の最高傑作!! −映画「Once ダブリンの街角で」感想とイラスト−

スポンサーリンク

 

映画『Once ダブリンの街角で』キャストとあらすじ

2007年公開の恋愛音楽映画。
監督は『はじまりのうた』や『シング・ストリート 未来へのうた』のジョン・カーニー。
キャストはバンドのフロントマンであるグレン・ハンサードと同じく歌手のマルケタ・イルグロヴァ

あらすじはこちら↓↓↓

アイルランドのダブリンを舞台にした音楽映画。
ストリート・ミュージシャンの「男」(グレン・ハンサード)とチェコ系移民の「女」(マルケタ・イルグロヴァ)。
ストリートで弾き語りをしていた「男」と鬱陶しがられながらも執拗にコミュニケーションを取ろうとする「女」は互いの音楽の才能によって惹かれ合う。
バンドを従えてのレコーディングを目指し、二人は少しずつ距離を縮めていく・・・。
音楽を通じて紡ぎ出す大人のラブストーリー。


オンライン視聴はコチラ↓↓

ONCE ダブリンの街角で(字幕版)(プレビュー)

 
90点

『Once ダブリンの街角で』感想

先にも書きましたが、音楽映画としては最高傑作と言い切って良い程、イチオシの作品です。

「男」と「女」を演じるグレン・ハンサードマルケタ・イルグロヴァは共にプロのミュージシャンとあって、音楽のクォリティが半端ない。

監督は「はじまりの歌」「シング・ストリート」でも音楽をテーマにしているジョン・カーニー監督

もともとは主演のグレン・ハンサード率いる「The Frames」というバンドでベースを担当しPVなどの映像監督もされていたそうな。

だからこんなにセンスある音楽映画が得意なのね〜(*∀*)

もともとこの作品は上質なラブストーリーだと友人に教えてもらったきっかけでレンタル致しまして。

そいだら、オープニングで「男」がダブリンのストリートで弾き語りをしている時、

怪しげな男にお金を取られそうになり全速力で追いかけるシーンがあるのですが、どう見てもコメディのようなノリで

「大丈夫か、コレ( ;꒪⌓꒪)?」

と一抹の不安がよぎりまして・・・。

他にも、「女」が出会ったばかりの「男」に修理してもらおうとおしゃれなダブリンの街中をゴロゴロガタガタと言わせながら犬の散歩のように掃除機を引っ張ってくるシーン(←結構お気に入り)とかね。

大人なラブストーリーと聴いていたもんで、ライトタッチなシーンもあってちょっと拍子抜けしたとこもあったけど、振り返るとそこがじわじわ面白くなってきて良いお味なんです。

’ラブストーリーなんて気恥ずかしくて観れないぜバーカ(´Д`)ノ’
なんて嫌厭されてる方も安心して観れるということです。

『Once ダブリンの街角で』音楽が素晴らしい!

そして、この映画に於いて特筆すべきはグレンの歌声。
アイルランドの歌手と言えば孤高の弾き語りミュージシャン「ダミアン・ライス」がいますが、その弟子的存在としてグレンも歌手としての実力はかなりのものなんです。
私もこの映画で存在を知ったのですが、誰もが心奪われるでしょう。

ムックのような髭もじゃの風貌からも想像できるようなパワフルな歌声。
それでいて心の奥底に染み渡る儚げな声の表情。
私は一発でト・リ・コ❤

数々の歌が劇中で歌われますが、中でも名曲はグレンとマルケタが楽器屋で初めてセッションする「Falling Slowly」
グレンの力強い歌声とマルケタの繊細な歌声のハモりに感動必至。

出会って二回目で何の打ち合わせもなくあそこまで見事にセッションしちゃうのには「無理あるやろぉぉぉぉ!!」と突っ込みたくもなるけれど、こんなに素敵な歌声聴いちゃったらそっとそのツッコミも心に仕舞いましたよ。

この映画のキャッチコピーが

「ふたりをつなぐ、愛より強いメロディ」

なのですが、そのコピーまんまでございます。

ラブストーリーとは書きましたが、実際ラブシーンは皆無です。

代わりに歌を通じて絶妙な距離を保つ大人がプラトニックな愛を紡ぐのです。
なので、”出会って10分でチューしてイチャイチャしながらラブリングな関係になっちゃう”ハリウッド映画に飽き飽きなアナタに超絶おすすめ。
男と女とかを超越して、人間として愛し合える関係と言うのでしょうか。

観終わった後は「こんな恋愛してみたいなぁ・・・・はぁ(´•ω•`♥)きゅぅん」てなりまっせ。


『Once ダブリンの街角で』がお気に入りのあなたにおすすめ

★ジョン・カーニー監督のこちらの作品もめっちゃおすすめ↓↓


コメント