映画『SAW レイザー』レビューとイラスト

スポンサーリンク

映画『SAW レイザー』キャスト・概要・あらすじ

キャスト

監督:ペアリー・レジナルド・テオ

出演:レイトン・マシューズ, チャド・グライムズ, サンティアゴ・グレイグ

概要

愛する者のために悪魔と契約してしまった男たちに降り掛かる恐怖を描いたサスペンスホラー。(TSUTAYAより)

あらすじ

理髪師のヘイゲンは、夜な夜な妻の遺体を愛でて悲しみを癒していた。そんな折、トラヴィスと名乗る男が現れ「彼女を生き返らせる方法を教える」と告げるが…。TSUTAYAより)

映画『SAW レイザー』感想

『SAW』シリーズと関係がありそうなタイトルながら、全く関係のない本作。

どちらかというと『ヘル・レイザー』寄りの造形が目に付くかな。

邦題に難ありながら、内容は妙に凝っていて嫌いになれないB級作品です。

亡くなった嫁を取り戻すため、地獄へと足を踏み入れた一人の男。

彼はなぜここのやってきたのか、なぜ嫁は亡くなったのか、そもそも地獄って何よ?

っていう疑問は少しずつ明らかになっていくのですが、まるで『メメント』のように過去を辿っていくプロットが正直物語をよりややこしくしております。

シンプルな筋書きでも十分に面白くなりそうな脚本なのに、ちょっと捻りを加えたかったのね。

元々低予算な上にたぶんモンスター造形に力を入れすぎたために肝心の本編映像の画角が狭くて何が起こってるかわからないという点はしょうがない。

『武器人間』に匹敵する気持ちの悪い異形の者を作り出してくれたこと、それには感謝したい。

特に豚の仮面を被ったおデブさんのかわいい声とのギャップには萌える。

地獄への扉を開きたい、なんて日頃から妄想している方におすすめです。

こちらもおすすめ

●モンスター好きに。

アサミヤカオリ

イラストレーター/造形作家/映画コラムニスト/漫画家

1983年生まれ。大阪出身。
2018年より徳島に拠点に移して活動中。

AWAP『映画コラム』/ BRUTUS『赤恥研究所』連載中
B級映画/ラジオ/観葉植物好き。最近は22時就寝5時起きで制作がんばってます。メキシコ行きたい。

アサミヤカオリをフォローする
ホラーB級
スポンサーリンク
アサミヤカオリをフォローする
The Geek Standard

コメント

タイトルとURLをコピーしました